レッスルエンジェルスサバイバー2 プレイ日記

アクセスカウンタ

zoom RSS キャラクターの個性について

<<   作成日時 : 2008/10/15 23:44   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

これまでのレッスルにおけるキャラクターの差別化は極端に言ってしまえば「顔(グラフィック)と能力値」のみでした。
この能力値も基礎体力系の5つと技の攻防10個だけですから「打撃技が得意で関節技が苦手」といった技のカテゴリ上で特色を出すしかありませんでした。
当然人数が多ければ似たような能力値を持つ選手がでてくるのも仕方のないことです。
あとはその選手のグラフィックやプロフィールに思い入れを持ってプレイすることになります。
もちろんそれだけでも十分楽しめたからこそ、ここまでシリーズ化されてきたわけです(他の要素も優れているので単なるキャラゲーとは一線を画すことはいうまでもありません)
WAS2のオフィシャルサイトで発表されている追加要素を見て分かることは「選手の個性をより深く表現する」ことに力点が置かれているということです。

@クラス(体格)の追加
 SS・S・M・L・LLの5つに分類し、ジュニアヘビー級として参戦できるのはS以下の選手だけとなりました。
 これでサンダー龍子がジュニア王者になることは無くなりましたし、菊池理宇がジュニアの王者として君臨することもできるわけです。
 その他に体格がゲームでどう反映されているのでしょうか。
 例えばSSの選手の踵落としがLL選手の脳天にヒットするというのは無理があると思います(プロフィール的にいえば佐尾山幸音鈴(149cm)が大空みぎり(190cm)の脳天に踵落とし・・・)
 でもそこまでするとゲームが複雑化するからやらないでしょうね。

A個人スキルの追加
 「我慢」「瞬発力」「極攻」「人徳」などスキルが50種類ほど設定され、そのいくつかを組み合わせることでキャラクターを特徴付けています。
 HPのスクリーンショットを見ると一人につき最大8つのスキルを持つことができるようです(実際に持っているスキルの数は選手によってまちまち)
 例を挙げると佐尾山幸音鈴は「不屈」「我慢」「反骨」「口撃」「キラーS」「打攻」の6つを持っています。
 プロフィールを見ると「性格は勝気で猪突猛進。典型的な打撃屋で、打たれても打たれても前へ進むファイトが売り」とあり、彼女のスキルがそれを上手く表現していると思います。
 プレイヤーはゲーム中、より具体的なイメージを持って選手を見ることができますね。
 それぞれのスキルがどのような効果を持つかも楽しみです。
 想像しやすいところでは「我慢」で関節技によるギブアップをしにくくなるとか、「打攻」で打撃技のダメージが大きくなるといったところでしょうね。
 「口撃」や「人徳」などは一体どのような効果があるんでしょうか。

B技の数が増えた(80→120)、必殺技が2つ持てるようになった
 技については取得制限がありませんから、誰でもどんな技でも身に付けることが可能です(もちろん技の持ち数制限内でですが)
 当然その選手のイメージに合った技を習得させたい、それによって差別化を図りたいわけですから技の種類が増えるのはありがたいことです。
 必殺技が2つ持てるのは関節技使いにとっては朗報ですね。
 せっかくの必殺技もロープ際では効果激減でしたが、違うカテゴリの技を第二必殺技にすることでより柔軟な試合運びができます。
 
 アルゼンチンバックブリーカーとかロメロスペシャルなんて懐かしいですね〜。昔観ていたプロレスを思い出します。
 最近のプロレスはまったく観ていないので分かりませんが、この技を使っている人はいるんでしょうか?

これだけの要素があればキャラクターがより個性的になり、プレイヤーの思い入れもグッと深まることでしょう。
選手の詳細画面にプロフィールが追加されたこと、戦績が記録されること、全選手にイベントCGがあることなど製作サイドの意気込みには頭が下がります。
あ〜発売が待ち遠しい。

WAS2発売まであと22日

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
キャラクターの個性について レッスルエンジェルスサバイバー2 プレイ日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる